スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イケアのラブソファー

イケアソファーは種類が豊富です。イケアのソファーは、どれもイケアらしいシンプルでモダンなソファです。
『シンプルで無駄の無いデザイン』、これは長い冬を家の中で過ごす生活から生まれた北欧の家具に対するの基本理念です。スウェーデン生まれのイケアにも、当然この理念が生きています。 これは日本で暮らす私たちにも当てはまる考え方ではないでしょうか。プライベートな時間を多く過ごすリビングだから、永く使える飽きのこないソファーを選んでみてはいかがでしょう?どれもシンプルで適当にクッションがきいていて、使いやすいものばかりです。私のお気にいりは、イケアのラブシートです。イケアの『EKTORP love seat』はちょっと気取ったエレガントでリッチなソファーです。「古いようで新しい」「クラッシックなのにモダン」そんなデザインの絶妙なバランスが魅力的です!形がとってもおしゃれなソファー。中世の貴族の巻き髪?のようです。でも座った感じはしっかりしいているソファです。カバーのホワイトは透き通るような純白でおしゃれな形によく合っていてとっても綺麗です。カラーは2色でホワイトとブルーがあります。
直接ショップに行かれない人はインターネット通販ショップを探すとたくさん出てきますよ!
スポンサーサイト

イケアのソファーベッド

イケアソファーベッドを買いました。北欧家具らしいシンプルでスタイリッシュなソファベッドです。ソファに、必要なときにはベッドとしても使える便利なソファベッドです。北欧スタイルのシンプルなデザインになっています。
2人がけソファ で、サイドテーブルが付いています。(ベッド可)深めのシートで、ゆったりとすわり心地がよく、アームと背もたれを倒せばベッドにもなる2人がけソファです。もれなく、ミニサイズのテーブルがセットで付いてきます(左右どちらにも付けられます)アームや背もたれの角度が変えられ、多様なアレンジが可能です。部屋が狭かったり、お友達が泊まりに繰るような場合には2台目のベッドとして活躍するはずですね!
113,810円とイケアにしては少し高めですが、ソファーにもベッドにも使えて、サイドテーブル付きとなると、決して高い値段ではありませんよね!シンプルさ”の中にも”快適性”を重視した家具を提供し続けてくれるイケアの家具。家の中をイケアの家具でいっぱいにしたいですね!


イケアのソファーで北欧気分♪

イケアをはじめとする北欧デザインは、厳しい寒さの中で暮らす北欧の人々が、長い冬を部屋の中で快適に暮らすため生み出されました。スカンジナビア半島は1年の大半が冬!厳しい雪と寒さのため人々はどうしても室内で過ごす時間が多くなります。「お部屋の中を快適に、ステキに!」インテリアや家具、雑貨に熱意を注ぐ背景がここにあるのです。 こうして生まれた北欧デザインは、飽きのこないベーシックな要素と現代的な洗練されたデザインが特徴です。 スウェーデンで生まれたイケアにもこうしたコンセプトは生きています。 シンプルで機能性を求めた家具・インテリアは、デザインも優れており、「シンプル&モダン」のスタイルは、世界中で人気があります。
その中でもソファーは種類が豊富で、色も斬新なものが多くあります。
カタチがシンプルなので、どんなポップな色でもスーッと馴染んでいく感覚があります。家の中をイケアの家具でコーディネイトして、北欧気分を味わってみるのも良いかもしれませんね!

イケア「キッズスクエア」プロ野球とのコラボ

千葉マリーンスタジアムのキッズフィールドが「イケア キッズ スクエア」として生まれ変わりました。
イケアでは、家は世界でいちばん大切な場所。そして、子供たちは世界でいちばん大切な存在と考えています。
そのメッセージをより多くの人に伝え、実際に体感できる場所が、この「イケア キッズ スクエア」です。イケア船橋のキッズ売場がそのままうつってきたような、子供たちの笑顔が満開のプレイエリアです。
イケア キッズ スクエア概要ですが、
名称・・・イケア キッズ スクエア(IKEA Kids Square)
場所・・・千葉マリンスタジアム2階7番通路正面
開催期間は、2007年6月2日から野球興行時に開設されます。
千葉ロッテマリーンズとイケア船橋とのパートナーシップにより、ファミリーを大切にするファンサービス理念と、‘Living with Children ~子供たちとの生活~’のメッセージを実際体験する施設として整備されたそうです。キッズに夢をみせるプロ野球と、イケアのコラボレーション、本当に素敵ですね!ひとつでも多く、このようなコラボレーションが増えるといいと思います!

イケア キッズ用の家具ができるまで・・・

イケアキッズ用の家具はまず「こどもを知る!」というところから始まっています。自動専門家に協力を求め、キッズたちが何を考え、何を求め、何を楽しみ、何を必要としているか。跳んだり、跳ねたり、転がったり、または静かに本を読んだり、絵を描いたり、お友だちとジュースを飲んだり、ケーキを食べたり・・・何をするのが楽しいことなのか。一緒に時間を過ごしながら、観察、研究しているそうです。
キッズたちを観察することでわかったこと、生活習慣や習性にあった家具を作っているのがイケアです。遊ぶためのデスクであったり、チェアーであったり、身体を休めるためのソファーであったり、ベッドであったり、きっずたちが欲しいと思うような、夢のある家具を提供してくれているイケアの家具は本当に可愛いです。こどもだったら誰もがイケアの家具でお部屋をコーディネイトしたいと思うことでしょう。身体の発育も、心の発育もイケアの家具で育んでいくことができるといいですね!

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。